Menu

NMNとは?

0 Comment

いま美容業界では、NMNが注目されています。NMNというのは、サーチュイン遺伝子を活性化させる物質です。サーチュイン遺伝子というのは、長寿遺伝子のことです。細胞を活性化させる働きがあるので、アンチエイジング効果が期待されています。

NMNは元々体内に存在している物質です。NMNが存在していれば、サーチュイン遺伝子を活性化させることができるので、老化とは無縁にも思えてしまいます。しかし残念なことに、NMNは年齢とともに減少してしまいます。老化を防ぐ以外にも、体の機能を正常に保つといった働きがあります。老化が進むのはNMNが減少するのも原因の一つです。

「NMN」は代謝・炎症、細胞周期、インスリン分泌、アンモニアの解毒、DNA修復、rDNA転写などの機能と関連し、加齢による老化現象や寿命の長さに深い関係があるサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)1〜7まで活性化させる働きがあるとされています

なぜNMNが注目されるようになったのか?これについては、ある研究がきっかけとなっています。糖尿病の研究のため、マウスにNMNを投与するという実験をしたところ、細胞が想像をはるかに超える範囲で若返りしたことが確認されました。生後22ヶ月経過していたマウスが、NMNを投与したことで生後6ヶ月のマウスと同じ状態にまで細胞が若返ったというのです。さらにNMNを投与したマウスの寿命が延びたことも確認されています。

これを人に置き換えて考えると、60歳の人が20歳まで若返ったのと同じことになるのです。NMNが不足することで老化が進むなら、NMNを補えば老化を食い止めることができると、美容業界だけでなく、医療の分野での注目されるようになります。現在も幅広い分野で、NMNの研究が進められています。NMNはテレビ番組でも取り上げられ話題になりました。