Menu

サーチュイン遺伝子とは?

0 Comment

サーチュイン遺伝子というのは、不老長寿遺伝子という意味があります。NMNという物質が、サーチュイン遺伝子を活性化させる作用があることがわかっています。遺伝子はDNAとも呼ばれます。誰もが、生まれた時に両親から受け継いだDNAを持っています。生きていく過程で、DNAは活性酸素によりダメージを受け、傷つくことがあります。

NMNはサーチュイン遺伝子を活性化させる働きがあり、サーチュイン遺伝子はDNAのダメージを修復する働きがあります。どれも元々体内に存在している物質ですから、目に見えないところで、サーチュイン遺伝子を活性化させたり、傷ついたDNAを修復したりしているのです。しかし年齢を重ねるにつれて、NMNは減少していきます。

NMNが減少すれば、サーチュイン遺伝子を活性化させる力も弱まるので、DNAが傷ついてもそれを修復する力が弱くなってしまいます。DNAは活性酸素によりダメージを受けますが、活性酸素はストレスやタバコ、紫外線を浴びるという日常生活を送るだけでも発生しています。年齢とともに体の機能が低下するので、活性酸素をため込みやすくなってしまいます。

このことから、不老長寿というのは、以下にDNAのダメージを修復できるかにかかっているかが重要と考えられているのです。